●データに対応がある
「術前・術後」あるいは「投与前・投与後」など、 データがペアになっているもの。同一個体の場合はもちろん、 同一個体でなくても同じ条件下、同じ系統などデータをペアとして 扱えるものは、この範疇に入ります。データをペアとしているため、 2群のデータ数は等しくなります。

●データに対応がない
上記の「対応がある」に属さないもの。